職場を変えるにはハローワーク求人以外も活用しよう

ブラックな職場からの脱出プロジェクト

ブラック企業からホワイト企業へ導く!

新着記事NEW TOPICS

ブラックな職場からの脱出プロジェクト

求人はハローワークだけじゃない

求人はハローワークだけじゃない就職や転職を考えて仕事を探す時にどのような媒体を利用するでしょう。情報の量や効率を考えてインターネットを利用している人は多いと思います。またハローワークを利用するという人も多いと思います。ハローワークは厚生労働省が設置している行政機関です。様々な企業の求人票がハローワークに集まり求人紹介から雇用保険関連の手続きまで幅広いサービスを提供してくれます。ですが、ハローワーク以外にも求人情報を手に入れるための方法はいくらでもあります。効率的に理想の仕事を見つけるには、複数の方法を活用することが重要です。

身近なところから探す

自分の人脈を振り返ると、学生時代、現職や前職の同僚、社会に出てから知り合った友人など、いろいろな人脈があると思います。その方々に久しぶりに連絡をして情報交換をしてみると実はホームページには出してないが求人があるということがあります。友人が人事である必要はありません。友人に採用権限を持っている人を紹介してもらえばいいだけです。突然、連絡をとっていない知人に連絡するのは気がひけると思いますが思い切って連絡してみましょう。当たり前ですが、情報をくれた友人には感謝の言葉を忘れずに伝えましょう。

求人媒体から探す

自分がどの企業にあっているか自己判断をしなければいけないですが、求人情報誌等の求人媒体はとにかく多くの求人から探したいという場合に適しています。総合的に多くの業界や職種の求人が見たい人には、大手の求人サービスが最も一般的です。

求人検索や専門求人検索から探す

求人検索ではインターネットに掲載されている、ほぼ全ての求人を探すことができます。具体的には会社の採用ページや各社求人媒体などの情報を検索できるというものです。求人媒体以上に情報を検索できるところが特徴ですが検索スキルが低いと沢山の求人情報が出てくるためにうまく探せないということもあります。
そこで直接、専門の求人検索サイトを利用することをお勧めします。自分の働きたい専門の職種情報のみを検索、閲覧することが出来るので、求人検索サイトのように沢山の求人から自分の見たい情報を探す手間を省くことが出来ます。
例えば、デザイナーやWeb関連の業種になると納期前はどうしても忙しくなります。そのため繁忙期になると残業が当たり前のように発生する場合も多いのですが、具体的な作業量や繁忙期はいつ頃なのかといった情報はハローワークだけでは掴みきれない部分があります。その点、専門の求人検索サイトなら具体的なイメージがわきやすいというメリットがあります。グラフィックデザイナー、Webデザイナー等クリエイターの専門求人サイトなら「優クリエイト」です。

優クリエイトイメージ
就職だけでなく、フリーで働くクリエイターが派遣社員としてバランスよく働くための派遣社員募集情報も多数持っています。

また不動産業界、特に不動産営業はノルマがあり、それを達成するために勤務時間が長くなるという特徴があります。しかしそのような職場の場合、そもそも効率的な営業活動を行っていない可能性が高く、不動産経営が「下手な」会社であるかもしれません。であれば、無理な残業の無い優良なホワイト企業を見極めて転職する他ありません。宅地建物取引主任者等の不動産専門求人や転職情報なら「リブロ不動産キャリア」です。

リブロ不動産キャリアイメージ
全国各地の不動産求人情報を保有していて、自分の望む条件で検索して絞り込むことができます。

看護師も勤務時間が長く残業が多い職業です。入院病棟のある総合病院の場合、夜勤が必ず発生するため生活リズムを調整しながら働く必要がありますが、その中で無理な残業が発生するようだと心身ともに疲弊してしまいます。女性が多い職種なので、育児などといった事情を抱えている方も多いでしょう。そこで、そのような事情を考慮したうえで専門のコンサルタントが相談に乗り、希望に沿った転職先を紹介してくれるサイトがあります。看護師の求人や転職なら全国の病院やクリニックの中から理想の募集情報を紹介してくれる「看護のお仕事」がお勧めです。

看護のお仕事イメージ
看護のお仕事では専任のコンサルタントが付いて求人紹介から転職後の悩み相談までサポートしてくれます。

忙しい人のためのブラック脱出計画FEATURE

社員は使い捨て?
社員は使い捨て?

長時間労働をさせて使えなくなった社員は辞めさせ、また新しい社員を雇う。こういった使い捨て型のブラック企業は後を絶ちません。ブラック企業に勤めていても長く同じ職場にいると自分の職場がブラックだとは感じなくなり麻痺してしまうものです。今の職場に少しでも疑問等を感じているのであれば他の職場と比較して見るのも良いかもしれません。ここでは参考になるブラック企業にありがちなあるある話を幾つかご紹介しています。

続きを読む
求人情報から見抜く
求人情報から見抜く

今はネット社会になりツイッターなどのSNS普及により誰もが簡単に、企業をブラック企業に落し入れることができます。ですから企業側も世間に悪い評判をたてられないように求人広告には耳障りのよい言葉ばかりを羅列しています。勿論、耳障りのよい言葉を載せているからといって全ての企業がブラック企業という訳ではありません。そこで、求人広告を確認する際の注意点から情報収集の仕方等、ブラック企業を見抜く方法をご紹介しています。

続きを読む
ブラックな特徴3パターン
ブラックな特徴3パターン

2013年にブラック企業という言葉が流行語大賞でトップ10をとりましたが、ブラック企業は流行ではなく生活とは切っても切り離せない深刻な問題です。ブラック企業とは、長時間労働、過度な労働強度、劣悪な環境等の項目に当てはまるにもかかわらず一向に改善しようとしない企業を指します。またブラック企業の特徴は、使い捨て型、選別型、無秩序型3つのパターンに分類することができ、厚生労働省も使い捨てが疑われる企業等の調査を行っています。

続きを読む

PAGETOP

Copyright © 2015 ブラックな職場からの脱出プロジェクト All Rights Reserved.